「人工呼吸器で生きる!」

筋ジストロフィー患者の藤本猛夫さん(35才)の本『生きるための遺書』(ブイツーソリューション)を読みました。

難病を患いながらも、印刷ビジネスや音楽活動や講演、執筆活動をされて、前向きに生きておられる積極的な方です。

心に残ったいくつかの文章を皆様に紹介したいと思います。

筋ジストロフィー患者の人生は、健常者が生まれて去るまでの時間を短く凝縮した壮絶な人生なのです。その凝縮した筋ジストロフィー患者の一生は、百歳まで生きるものに決して劣りません。
いったい自分は、残された人生で何が出来るのか。自分に与えられた人生の意味とは何なのか。

悲観論からは何も生まれません。如何なる困難があっても怯むことなく立ち向かい、危機をチャンスに換える、失敗しても次の成功への挑戦と受け止める。

独りよがりな自分の固定概念を変えたいのなら、次の四つを自分に問いかけてみて下さい。
「何もせず他人を批判するより、動ける人間になりなさい。」
「人をねたむよりも、人にねたまれなさい。」
「人を批判するより、人に批判されなさい。」
「決して人と比べず、昨日の自分と今の自分を比べなさい」

行動しない後悔よりも、行動して失敗する後悔が人生の蓄えになると肌身で知りました。

人間は後悔や挫折を蓄えてこそ、真の未来を手にすると私は信じます。過去の成功とは一時の勲章で、後悔や挫折は未来へ向けての掛け替えのない財産です。

実際に私も死にたいと思うことが幾度もありました。「生きる意味は今の自分の中にあるから、簡単に死を選んではいけない。」と、傍にいる人間が意を決して声をかけるべきです。

あなたを必要とする人が一人でもいるのなら、今を苦しむ方を選ぶ価値はある。

私達の人生は、その時々で、そうしか対応しえなかった過去を引き連れています。それを後悔してきれいに書き換えるのではなく、「あの時、それはそれで正しかった。」と自分の不甲斐なかった時間を許容することが大事ではないでしょうか。

人生はいくらでもやり直しがきくと私は信じます。一歩先へ進むための諦めと、守り抜く粘り。

最終的に私達人間に出来ることは、「今一番にやらなくてはいけない課題に全力を注ぐこと」だけです。

私は筋ジストロフィー患者である現実を肯定できずにいた時間が人生の大半を占めています。しかし、厳しい病気の進行から、身体の自由度が制限されるようになり、皮肉にも初めて自分自身と向き合えたのです。
障害を幅広く個人の特質や特性と捉えて、障害者は不自由だが不幸ではない。強いて言うならば、障害が理由で生きられない社会が本当の不幸である。

人工呼吸器で命をつないできた私に出来ることは、親身に携わり、援助と期待を下さった方々の恩に感謝して貪欲に生きることだけです。

欠陥の事実を才能としてとらえると、常人には持ち得ない独自の要素と自信が持てます。

障害者の共通認識としてあげられるのは、守られることだけを望んでいるのではなく、自分たちが輝ける場所に飢えていることです


彼の詩碑はお寺にあります。http://www.rengein.jp/
スポンサーサイト
  1. 2012/02/18(土) 14:55:46|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
| ホーム |

アルピニスト野口健氏の講演

 昨日福岡市でのチベット関係の講演会で、登山家の野口健氏が招かれて講演されました。その中で印象に残ったことをお伝え致します。

 色々な反対がある中で活動を続けるには、本人がを感じる事が重要だし、必要だと言っておられました。「見る」ということは「知る」という事、またそれは、「背負う」ことであるとも述べられました。

 エベレスト登山に2回成功しておられますが、途中から一緒に登った人が、2回とも下山途中に事故で遭難されているそうです。華やかなエベレスト登山の陰で、千人のうち、300人が死亡しており、そのうち7割は下山中に遭難しているそうです。
nogutiken.jpg

 尖閣諸島とは非常にユニークな視点から関わって活動されておられます。 「尖閣もぐらを守る会」というのを作って環境調査しようと考えておられます。普通のもぐらは歯が42本ですが、尖閣もぐらだけは歯が38本ということで、絶滅危惧種だそうです。

 野口氏は、人や団体や特定の国を非難せずに、ご自分の体験をたんたんと話されます。、それが人の胸を打つのです。 1時間10分があっという間に過ぎました。

 氏は、十分考えて、いったん決めると、粘り強く実行し続けるタイプのようです。死地を何回も経験されているので、にこやかな笑顔とは違って、深くて強い精神力をお持ちのように見受けられました。私も野口さんのファンになりました。

 家に帰ってテレビをつけると、さっき野口氏が話されていた気仙沼の牡蠣養殖家の畠中氏が映り、国連から「森の英雄」として表彰されたというニュースが流れていました。その同期性(シンクロナイズ)にびっくりした次第です。「森は海の恋人」をキャッチフレーズに長年植林活動されたことが、世界的に認められたという嬉しい出来事でした。



  1. 2012/02/11(土) 15:39:08|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
| ホーム |

幸福ニュース第541号

『幸福ニュース第541号』
 今回は、ちきりんさんの書かれた『自分のアタマで考えよう』という本を紹介致します。こういう教育を日本でも取り入れる必要があるのではないでしょうか?また、社会人の方にも役立つ一冊だと思います。

『自分のアタマで考えよう』(ちきりん著、ダイヤモンド社)
1.ある情報から悲観的な情報しか読み取れない、逆に楽観的な情報しか読み取れないのは、何らかのバイアスがかかっている。

2.思考は知識にだまされる。知識が思考を邪魔している。知識の価値を否定しているわけではない。知識は思考の邪魔になる場合がある。特に成功体験の知識は影響力が大きい。変革期には邪魔をすることが起きる。

3.常にゼロから考える。すると、革新的で柔軟に考えられる。知識はちょっと横に置いておき、得た情報から新たに考えると、初めて今まで見えていなかった結論にたどり着ける。

4.知識とは、過去の事実の積み重ねであり、思考とは未来に通用する論理の到達点である。知識は重要だが、知識と思考は異なるものとして認識しよう。

5.自分の頭で考えること、それは、「知識と思考とをはっきりと区別する」ことから始まります。あたまの中から知識を取り出してくるのではなくて、むしろ、知識をいったん「思考の舞台の外」に分離することが重要なのです。

6.意思決定のためには、情報を集めて分析するよりも、「どうやって結論を出すべきなのか」を先に考えることが必要。何かを決める時には、情報とは別に、意思決定のプロセスが必要。

7.意思決定のプロセスは、最初に、超具体的に明確に決めておく。すると、それに必要な情報だけ集めればよいので、迅速に結論を出せる。

8.考えるとは、インプットをアウトプットに変換すること。仮の結論でもいいから、その時点での何らかの結論を出した、あるいは、ある考えに至ったということである。

9.作業を思考と思い込むワナに注意する。グラフ作成や資料作成など。

10.自分の考えている時間を見える化し、それを少しでも長くすることが、考える力をつけるためには大事。考える時間を倍にすれば、考える力は確実に向上する。

11.情報を得たら、「なぜ?」「だからなんなの?」と問うこと。「なぜ?」は、背景を探る問い。「だからなんなの?」は、未来を考える問い。気にかかった情報だけでも、この2つの質問で考えるクセをつけるとよい。

12.選択肢が多いから選べないのではない。選択基準が明確でないから、選べないのだ。選択基準に優先順位をつけたり、自分独自のフィルターを作る。

13.先ず、目標を明確にする。そして、判断基準をできれば二つ以内に絞り込む。目標を明確にすると、それに必要な判断基準もおのずと決まる。

14.日本の政治家も政党も、個別政策よりも、「今後の日本の姿」を掲げて政権を争うべき。そうすれば、それを実現するための判断基準が明確になり、最後に実行すべき個別の政策も取捨選択できる。

15.思考のレベルをそろえて考える。異なるレベルの事象をごちゃ混ぜにして思考しない。図を書いて考えるとよい。

--------------------------------------------------

 情報を白紙の状態で受け取り、一旦は、白紙の状態で考えるということが重要なようです。これを邪魔するのが、いわゆる煩悩ですね。特に強欲や、憎しみや怒りなどには気をつけましょう。判断を間違ってしまいます。これらを鬼と表現する場合もあります。節分の豆まきにも通じます。(終)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【坂村真民詩集】
『深さ』

深さには
限度がない
限度がないから
これでいいという
ゴールもない
終わりのない求道
終わりのない精進
これが真民の
信と信仰

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【仏 語 集】

迷いも悟りも心から現れ、すべてのものは心によって作られる。ちょうど手品師がいろいろなものを自由に現すようなものである。(りょう伽経)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
*ハート・スパ(心の温泉)でリフレッシュ! 人生が楽しくなる内観!!!
パリ大学の心理学部長も勉強に来られた、『内観セラピー』で人生をリフレッシュ、悩みも解決します。詳しくは下記をご覧下さい。
内観研修所http://www.rengein.jp/naikan/
  1. 2012/02/08(水) 11:52:58|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
| ホーム |

蓮華院誕生寺 内観研修所

蓮華院誕生寺 内観研修所

プロフィール

nikonikooshou

Author:nikonikooshou
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (159)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR