「両親への内観」

ふと気付くと、回りを責めすぎて、自分が嫌になってしまいました。

このままでは本当にダメになってしまう。そんな自分を何とかしたくて、こちらに来ました。

現在体調を崩しているのは両親や職場の問題だと思っていた、ゆがんだ物の見方や考え方で、来る途中も責める思いで頭の中を一杯にしていました。

いざ来てみて部屋に入ると、窓から木が見え、そこに野鳥が遊びに来る。雲がゆっくり流れていくのを眺めていると、とても心が落ち着きました。

内観が始まって3つの質問に答える。最初は簡単に思いましたが、なかなか出てきませんし、話す頃には忘れてしまったりしていました。面接の時に、それについて話し合うのかとも勝手に想像していたので、最初はとても困惑しました。

そういうものなんだと理解し、続けていると、今度は、私の内観はちゃんと出来ているのかしらとか、ここに来る前の気持より何か変化が起きているのかなと、結果の方ばかりが気になり、なかなか心がまっすぐ向いてくれませんでした。

途中から3つの事を調べてくださいとおっしゃってることを素直に信じて続けた先に、どう変わるかと、結果は後からついてくるものだと思い直しました。

母に対しては、あの時あんなふうに言われた。あの一言でこんなに辛い気持ちになったと、今まで思ってきたことがありました。

してもらったことをあげていくうちに、すっかり忘れていたことも思い出しました。

そして、言われたことの背景には、私の解釈とは異なる母の思い、やさしさが見えてきました。

内観しているうちに、自分の悪かった所、自己中心的でごうまんな所が見え、また、母に対して投げていた言葉の罪深さに心が痛くなりました。

自分が嫌になってきた、自分を否定したくなると、逃げたい気持ちになりました。

面接が終わり廊下に出ると、床はとても冷たくて寒くて、そんな中、面接の先生は何度も足を運んで下さってることに気付きました。

こうして内観している間にも、して頂いていることが沢山あることに、とてもありがたく思いました。

父に対して、思っていた以上に、して頂いたことが多くて、とても驚きました。

プレゼントの中身が、いつも私が本当に喜ぶもの、というのは、相手のことをどれだけ深く見ているか、思いやっているかという証拠だったように思います。

父の気持ちを素直に受け取れず、すべてにおいて、ねじ曲げていた自分を反省しました。

毎日3食お食事を作って頂いて、そのお料理を食べる時、この父のプレゼントを思い出しました。

心を込めて作って下さったお料理が、あつあつの汁物を飲んだ時、甘い物を口にした時、本当にありがたかったです。最後のご飯を食べた時は、涙が止まりませんでした。

今までの自分は、自分よがりで、人に対してしたことも、心がこもっていなかったり、自分の気持ちを押し付けていました。

これからは、父や母がしてくれたように、一つでも小さな事をお返しできるようにと思います。両親が健在なうちに気付けたことは、本当にありがたいです。

貴重な時間と体験をさせて頂き、本当に本当にありがとうございます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

*心の温泉でリフレッシュ!人生が楽しくなる内観!!!
パリ大学の心理学部長も勉強に来られた、『内観セラピー』で人生をリフレッシュ、悩みも解決します。

また、忙しい人や日常内観習慣づけの為の『Eメール内観』や一日内観
もあります。詳しくは下記を!
http://www.rengein.jp/naikan/

*『「ありがとう」の反対語は「当たり前」???』
http://blog.jolls.jp/jasipa/nsd/entry/8580

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【坂村真民詩集】

『 最大の力 』

弱いわたしが
守られて
いまだに生きている
拙ないわたしが
守られて
いまなお詩を書いている
ああ
守られているということが
わたしを今日あらしめている
最大の力だ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【名 言 集】

はからいを離れた智慧をもって照らせば、すべてはみな尊い意味を持つものとなる。(仏昇とう利天為母説法経)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
スポンサーサイト
  1. 2014/01/31(金) 16:33:49|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
| ホーム |

『私の中の幽霊』

幸福ニュース(しあわせニュース)第611号  2014年1月7日
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「私の中の幽霊」

この度は大変お世話になりまして、本当にありがとうございました。

主人に対する怒りがひどく、毎日毎日主人を責め続け、どうして自分はこんなひどい人間なのか、苦しくて苦しくてしょうがありませんでした。

その時、お医者さんから初めて心理療法の「内観」というものを知り、勧められました。それから3年経ち、今回内観を体験でき、ほっとしております。

最初の1日目は、やっと内観出来るまでにたどり着いたんだという思いで、嬉しかったです。

お食事がおいしくて、お風呂も立派で、静かで過ごしやすいなという風に感じました。もちろん内観がどうとか、考えが変わったとかは、まるでありませんでした。2日目もそんな感じでした。

3日目の夜、お夕飯を頂きながら、この日はおでんでした。つくづく、蓮華院さんで良かったなと思っていました。

おでんのお汁を頂きながら、ものすごく厚みがあって優しいお味だな、こんな風な食事を毎日作ることができ、子供達が食べることができたなら、本当に幸せだろうなと思っていました。

しかしながら、まだこの時は、自分が本来改善したいと思ってやってきた問題に関しては、何の変化も感じていませんでした。また、これほどまで改善されるであろうとは、予想もしていませんでした。

とうとう4日目です。主人の内観をしました。すると、面接の時に大山先生から、「すると、自分で作り出した幽霊を相手に今まで悩んでいたんですね」と言って頂いたことをきっかけに、はたと気付くことが出来ました。

私の頭の中では、鮮明にある図が浮かび上がりました。自分で問題のマッチをすって火をつけ、その火の中で怖い顔をして、主人をにらんでいる私を。自分が何をしていたのか、よく解りました。もう、おかしくて笑えました。ただ、そのマッチとマッチ箱をポイと捨てればよかったのです。

主人と出会って30年。ずっとずっと私がマッチを持って、問題の火をつけていたのです。そして、火をつけたのはあなたです。早く責任を持って、この火を消して下さいと、何度も何度も主人を責めました。

今なら、主人の「はぁ?何を言ってんの?」の意味がよく解ります。本当に主人はそれしか言いようがなかったと思います。

もう一つの大きなきっかけも、「何故ご主人に対して、ありがとうが言えないのですか?」と大山先生から質問された時でした。「ここまで私が言い続けたことで、主人が少しはましになったものが、ありがとうを言うと、また主人がいい気になってしまって、元に戻ってしまうと思うからです」と答えました。

「実際そうでしたか?ありがとうを言って、ご主人の態度が戻ったりしましたか?」と聞かれ、ここでも、ひっくり返りました。私は主人に「ありがとう」を一辺も言えなかったので、実際にそんなことは解らないのです。

「試しにやって見て下さい。実験、実験だと思って。子供でも何でもそうでしょ。誉められると嬉しいものですよ。」

「あぁ、そうか」と、ストーンと。本当に、ここで本当に色々なことが腑に落ちました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

*野球日本代表監督小久保裕紀氏と内観
http://blog.jolls.jp/jasipa/nsd/entry/8562

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

まだまだ心にひねくれが残っていますので、本当に感謝の心からでなくても、実験だと思えば楽な気持ちで、これなら主人に「ありがとう」が言える気になりました。

私はずっと、主人は結婚数年前に付き合いのあった女性のことを引きずっている。だから、私が重たい荷物を持っていても、主人は「持とうか?」と気にかけてくれない。テレビを見ている主人に話しかけても、主人は私の声が聞こえない。

主人が靴下を脱ぎっぱなしにするのも、お風呂のスイッチを消し忘れるのも、時間を守らないのも、連絡をくれるのが遅いのも、あの女のせいだ-------と、全てがこうでした。

本当に解りました。マッチは自分が持っていて、しょっちゅう自分で火をつけて、自分で火傷して苦しんでいたのだと。

内観最後の夜にお布団の中で、怒りを握りしめた30年間、長かったなー、やっと終わったなーと、泣き笑いでした。

今では、主人の不器用な所でさえも、ありがたいと思えるようになりました。

私が主人に大切にされていないと、勝手に感じていたことさえも、「釣った魚にはえさをやらない」日本男子の常として、ちゃんと妻として扱ってくれていた証拠だとさえ思えるようになりました。

大山先生、お食事を作って下さいました方々、蓮華院の皆様、大変お世話になりました。これからは、家族仲良く暮らしていけると思います。本当にありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

*心の温泉でリフレッシュ!人生が楽しくなる内観!!!
パリ大学の心理学部長も勉強に来られた、『内観セラピー』で人生をリフレッシュ、悩みも解決します。

また、忙しい人や日常内観習慣づけの為の『Eメール内観』や一日内観
もあります。詳しくは下記を!
http://www.rengein.jp/naikan/

*『「ありがとう」の反対語は「当たり前」???』
http://blog.jolls.jp/jasipa/nsd/entry/8580

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【坂村真民詩集】

『 ねがい 』

どうにもならない
血を持って生れ
どうにもならない
運命を背負い
みんな悲しいんだ
みんな苦しいんだ
だからお互い
もっといたわりあい
なぐさめあって
暮らしてゆこう
小さい蟻たちさえ
あんなに力を合わせて
生きているんだ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【名 言 集】

執着があれば、それに酔わされて、ものの姿をよく見ることが出来ない。執着を離れると、ものの姿をよく知ることが出来る。だから、執着を離れた心に、ものはかえって生きてくる。喜怒哀楽、善も悪も超え、初めてとらわれがなくなる。(法句経)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

*『ロナルドの楽しい内観ビデオ』*
http://www.youtube.com/watch?v=rcSSvrsqGJg

*教育界の重鎮、国分康孝先生談話室第17回
http://www.youtube.com/watch?v=NQxLZku8tjU

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  1. 2014/01/20(月) 15:36:18|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
| ホーム |

「2回目の内観」

自分自身、内観は2回目だったのですが、以前とはまた違った意味で、自分が変わったような気がします。

改めて回りの方々のことを考えてみると、自分がしてもらったことに対して、してあげたこと、あるいは、心配・迷惑かけたことの方が多くて、改めて周りの人達への感謝と、これからその人達への接し方を考えさせられました。

今までの自分は、優しくされても素直になれず、いつも「ありがとう」の一言が言えなかったり、思っていても行動に移せないということが多かった気がします。それによって後悔したりしていました。

ですが、この内観によって思ったことは、行動に移すこと、相手のことを思いやり、常に感謝の心を持っていくことに気付かされました。

今まで育ててくれた、父や母のことを内観させて頂いた時、当時は父や母の気持ちを考えず、言った言葉や行動に対して深く反省しました。

母はもう亡くなってしまっているのですが、当時のことを思い出すと、こんなにも愛情を持って育ててくれたのかと実感しました。

どんな事をやっても優しく接してくれた母、そして中学校に入ってからは、あまり口もきかなかった父、きっと父も寂しかったんじゃないかと思います。

母が亡くなってからは、自分達兄弟の事を一番に考え、守ってくれたのも父でした。それなのに、分かっていながら行動に移せない自分でした。

内観を通してこの父と母の気持ちがすごく伝わってきます。そして父や母だけではなく、
自分の周りの友人だったり、会社の人だったり、支えてくれる人は沢山います。

たまに自分は一人なのかと考える時があるのですが、この内観を通して、自分は沢山の人達に支えられながら生きているんだと実感しました。

そして、その支えてくれたすべての人に感謝し、「ありがとう」の気持ちを伝えたいと思っています。また内観をするにあたって、お寺の方々は、本当に自分に対して優しく接してくれました。

自分の悩みやこれまでのことを話すたびに、真剣になって自分の事を考えてくれたのです。食事にしても、とてもおいしく頂かせていただきました。

自分達の食になってくれる動物、魚、植物など、全ての物に感謝して「いただきます」、そして、「ごちそうさま」と言う意味も教えていただきました。自分は、今までそんなことも考えず食べていたので、生きていく上で感謝していく事は、本当に沢山あるんだなあと思いました。

最後に、自分の将来の計画というものを書いたのですが、自分の生きていく中での目標は、いったい何なのか考えた時に、やはり育ててくれた父や母の為に、自分自身が幸せになることだと思います。

その中で、自分が出会った人達、お世話になった人達にしっかりと自分がしてもらった事以上に返していかなければならないと思っております。

この世の中において、苦しいこと悲しい事など、これから先の人生の中で沢山出てくると思います。けれども、この内観を通して学んだことを生かして、自分の事だけを考えるのではなく、逆に自分に何ができるのかを考える事が大事だと思いました。

今の会社に入社しなければ、内観に来ることもなかったかも知れません。そういう意味では、内観に来る機会を与えてくれた今の会社にも、本当に感謝の気持ちで一杯です。

家に帰ったら、内観のことを知らない人達に、自分が体験した事を話そうかと思っています。そして、一人で悩んでいる人がいれば、内観を進めてみようとも思います。

すべてのことに感謝し、そして、しっかりと自分の気持ちを行動に移せるように、この先の人生を生きていきます。
shokuji1401153.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

*心の温泉でリフレッシュ!人生が楽しくなる内観!!!
パリ大学の心理学部長も勉強に来られた、『内観セラピー』で人生をリフレッシュ、悩みも解決します。

また、忙しい人や日常内観習慣づけの為の『Eメール内観』や一日内観
もあります。詳しくは下記を!
http://www.rengein.jp/naikan/

*『「ありがとう」の反対語は「当たり前」???』
http://blog.jolls.jp/jasipa/nsd/entry/8580

*『ロナルドの楽しい内観ビデオ』*
http://www.youtube.com/watch?v=rcSSvrsqGJg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【坂村真民詩集】

『 三弁の花 』

華厳経は
心に花を咲かせよと
お説きになったお経である
慈悲
誠実
柔和
この三弁の花を
小さくてもいい
咲かせてゆこう

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【名 言 集】

心はたくみな絵師のように、さまざまな世界を描き出す。すべてのものを描き出すということにおいて、心と仏と人々と、この三つのものに差別はない。すべてのものは、心から起こると、仏は正しく知っている。だから、このように知る人は、真実の仏を見ることになる。(華厳経)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  1. 2014/01/12(日) 11:16:23|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
| ホーム |

「新しい親子関係」

内観を受ける前は、周囲の人々に対して特に不満もないが、どこか深い人間関係になれませんでした。どんない親しい友人でも、距離があることを感じていました。

それが、何なのか自分ではつかめず、内観を行うことで何か変わるのではないかと考え、今回参加しました。

まず、母親に対しての内観を始めました。幼い頃の母との関わりを思い出そうとするのですが、明確に覚えている場面が思い出せず、このまま深く考え続けていけるのだろうかと思いました。

また、母にしてもらったことが殆ど無いのではという気持ちも出てきました。それでも、2度3度と母親に対して内観を行っていくうちに、少しずつ過去の記憶がイメージで見え初めてきました。

最も印象に残っていた場面は、高校を卒業してから母と暮らした時のことでした。何でもないことですが、バイトに行く前に母が送り出してくれた事、帰って来ると「お帰り」と迎えてくれた事、一緒に買い物に行ってご飯を作ったことなど、とてもささいな事でしたが、思い出すととても心が温かくなりました。

母の過去を話してくれた時があり、いろんな事を背負って生きてきたんだなと感じ、これまでしてきてもらった事に、心から感謝の気持ちが湧いてきました。

家族でご飯を食べている時、お酒を飲みながら嬉しそうに話をする姿は、思い出の中で一番喜びを感じられる場面でした。何よりも幸せな瞬間だったように思います。


過去を調べていくうちに、どこかこんな私になったのは、親のせいだと思っていた所があるように思います。どこを調べても、誰かのせいであるというような事は見つかりませんでした。人と上手に付き合えない事を、何かのせいにしておきたかったのだと思います。

父についての内観を行っていきました。父と一緒に何かをするという事が少なかったのか、思い出す事がいくつもありませんでした。

思い出せる場面から父を想像してみると、とても優しい人だったように思います。ほとんど怒ることもなく、影で多くの事を支えてくれたように思います。それなのに、多くの暴言を父に投げかけてきました。本当に悪いことをしたなと思います。

直接自分自身にしてもらった行為は見えやすいので、感謝の気持ちが湧きやすいですが、間接的や多くのつながりによって自分の所に届いている行為は、見落としてしまうことが殆どであるように感じました。

何かするだけでも、どれだけ多くの人や物のエネルギーが動いているかという事実を、考えただけでもすごい事であるように思います。

自分だけでやれたと図に乗ることがありますが、それは見間違えかも知れないという思いが出てきました。初めて父の存在の有難さを感じました。

今まで、家族とのつながりはそんなに重要だとは感じていませんでした。けれども、今回改めて人間関係を築いていく上での基盤になっているのを感じました。

幼い頃の事を思い出していると、自然と触れ合った事が、とても貴重な時間だったように感じます。愛情は母からだけ頂くものだと思っていましたが、内観をしていると、いろんな物や生き物からも降り注いでいるのを感じました。

最初は楽しく遊んだなという思いが出てきましたが、しばらく同じ場面を見続けると、わざわざ遊んでもらっていたんだなという気持ちが湧いてきました。

今回の内観を終えて、もっと内観を深めていきたいなという気持ちが出てきました。怒りや憎しみは最も避けたいものですが、内観していくと、思っていたよりも怒りや憎しみが取れ、軽い気持ちになっていくようでした。


内観の中に事実を見ていくという表現がありました。怒りもよく見てみると、外ではなく、自分の中で起こっている事が見えてきます。この発見はとても驚きでした。

内観のお陰で、私の中で、新しい親子関係が気付けたと思います。今後は、これで終わりでなく、日常生活の中で内観を行っていきたいと思います。ありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

*心の温泉でリフレッシュ!人生が楽しくなる内観!!!パリ大学の心理学部長も勉強に来られた、『内観セラピー』で人生をリフレッシュ、悩みも解決します。

また、忙しい人や日常内観習慣づけの為の『Eメール内観』や一日内観
もあります。詳しくは下記を!
http://www.rengein.jp/naikan/

*野球日本代表監督小久保裕紀氏と内観
http://blog.jolls.jp/jasipa/nsd/entry/8562

*『「ありがとう」の反対語は「当たり前」???』
http://blog.jolls.jp/jasipa/nsd/entry/8580

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【坂村真民詩集】

『 愛 』

形ある
すべてのものは
いつかは消えてゆく
消えないものは
愛だけ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【名 言 集】

怨みは怨みによって鎮まらない。怨みを忘れて、初めて怨みは鎮まる。(法句経)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  1. 2014/01/07(火) 16:51:11|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
| ホーム |

蓮華院誕生寺 内観研修所

蓮華院誕生寺 内観研修所

プロフィール

nikonikooshou

Author:nikonikooshou
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (154)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR