AD/HDに悩む人の内観

【 AD/HDに悩む人の内観 】

内観を知るきっかけは、精神科の医師との面談中でした。治療をどう進めていこうと試行錯誤と話し合う中で、「内観療法」という言葉が医師の口から出ました。

インターネット等で調べるうちに、この心理療法は自分の抱える障害にとても有効な気がしてならず、すぐ問い合わせて、申し込みに至りました。しかし、正直な所、やはり半信半疑な面もあり、胸の中は不安で一杯でした。

先天的なAD/HDに加え、十年以上に渡る強迫性障害や幼児期から抱えてしまった愛着障害と、自身ではとても対処しきれない問題が多く、自分をコントロールできずに困っていました。

自分自身のせいで、人間関係や仕事が全く上手くいっておらず、うつ状態になっていたからです。

それでもワラにもすがる思い、つまりは神頼みな気持ちで、休みを取って、縁のあった熊本へとやって参りました。

内観が始まって三日目まで、気付きと実感がなく、大変焦りました。

持参したアルバムを見ながら、必死に思い出そうとしても、邪念や近日中に起きた辛い出来事ばかりが頭をよぎり、集中出来ませんでした。逆内観になりかける事も多々あり、布団や畳の上で横になったり、席をたって本堂まで行くことも多かったです。

ただ、屏風の中の居心地のよさ、一日三食食事を頂ける有難さはずっと感じていました。本堂があったことは本当に大きな助けとなりました。仏様の前でお祈りをする事で、気持ちが大変安らかになったのも、身にしみて実感しました。

四日目を迎え、変化は突然訪れました。母との思い出がどんどんよみがえり、その時母がどんな気持ちで私に接してくれてたのかが分り始めました。

そこに至った時、ふと気付いたのが、「私は母に何を返したんだろう?
」と。何度考え直しても頭に浮かばず、最終的に何もないと気付いた時は、ショックでした。
親なのだから、してくれるのが当たり前と、我が物顔で父と母に接している自分をはっきりと思いだし、大変恥ずかしくなりました。

迷惑はかけ続け、何でもしてもらったのに、感謝の気持ちがどこにもなかった。それどころか、自分は一人で生きてきたと勘違いし、特に母を恨んでさえいました。十二才で親元を離れ、兄弟もいない私は、自分の辛さ不運を全て母のせいにしてきたと、初めて気付きました。

愛着障害になったのは、母の育て方が悪いんだ。先天的な疾患は母方の遺伝子のせいだと、口にして責め立てた事もあり、自分の愚かさを情けなさをとても恥じました。

母からの無償の愛を受け続けていたので、それに気付かなかった。それどころか、本当に親不孝な私で、毎日死ぬ事を考えていた時期も幾度とあり、自殺を図って病院に運ばれた事さえもありました。

五日目以降、一日一回は大きな気付きを得られるようになりました。夜眠れず、星を見た際に、本堂でお祈りをしている時など、様々な形で啓示の如く現れ続けました。

それに伴走して、父母への感謝をきっかけに、友人、恩師、昔の恋人、自然、全てのものへの感謝、ありがたみが沸いて出るようになってきました。

内観をするたびに、感謝と何も返せてこなかった申し訳なさで、涙が止まりませんでした。私は本当に欲深く、業の深い人間でした。

父に育てられ、母に愛され、沢山の人達、物に助けられ生きてまいりました。生きる希望を失くし、数多くの過ちを犯し、大変恥の多い人生だったように思います。

しかし、内観を通して気付きを得て、愛された本来の自分に出会い、ありのままの己を受け入れ、見詰め直す事ができました。

治療の為、優しい言葉をかけて送り出してくれた友人、父、そして母に、心から感謝の気持ちで一杯です。内観研修を支えて下さった皆さん、先生、仏様、本当に有難うございました。

感謝の気持ちで常に初心を忘れず生きて参りたいと思います。本当の自分に出会い、向き合う事で、生き返りました。「許す心、愛する心。私はこんなにも愛されていたのです。」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

*心の温泉でリフレッシュ!人生が楽しくなる内観!!!
パリ大学の心理学部長も勉強に来られた、『内観セラピー』で人生をリフレッシュ、悩みも解決します。

忙しい人や日常内観習慣づけの為の『Eメール内観』や一日内観
もあります。詳しくは下記を!
http://www.rengein.jp/naikan/

*『「ありがとう」の反対語は「当たり前」???』
http://blog.jolls.jp/jasipa/nsd/entry/8580

*『ロナルドの楽しい内観ビデオ』*
http://www.youtube.com/watch?v=rcSSvrsqGJg
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【坂村真民詩集】

「愛の明かりを」

夕ぐれになると
家々に
明かりがつくように
愛の明かりを
みんなの心に
つけて歩こう

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【名 言 集】

血は血によって清められるものではなく、恨みは恨みによって報いられるものではない。ただ恨みを忘れることによって、なくすことが出来る。影ではなく、光を見よ。(パーリ、律蔵大品)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

*野球日本代表監督小久保裕紀氏と内観
http://blog.jolls.jp/jasipa/nsd/entry/8562

*あなたも感動の涙があふれます!台湾で中国語版も発売開始!
『お母さんにしてもらったことは何ですか?』(サンマーク出版、大山真弘著、1500円)

下記のamazonホームページで、書名か、著者名で、検索下さい。
http://www.amazon.co.jp/%E6%9C%AC-%E5%92%8C%E6%9B%B8/b?ie=UTF8&node=465392

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
*早くも夏日ですね。水分補給しましょう。(にこにこ和尚)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
スポンサーサイト
  1. 2014/05/30(金) 11:24:06|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
| ホーム |

「まま子との葛藤」

2ヶ月間のEメール内観も今日で一区切りです。

私が内観をするきっかけは、継子と主人との生活が嫌になり別居をしようと決意しており、同じようにステップファミリーの友人から内観を勧められたからです。

ほんの2ヶ月前は継子の存在が憎くて、この子がいるから私は苦しいんだ!と鬼のような人間でした。

またそのような心になる自分も嫌になり、この地獄から抜け出せないのなら自分がいなくなればいいんだ!などと思った事もしばしばあります。そして、私なりに辿り着いた結論が別居でした。

継子も高校生になります。実母の倍以上の時間長男を育てたから、もうこの地獄から解放してほしいと、狂ったように主人に頼みました。その時はそれがベストな方法であると思いました。

毎日イライラして、3人の我が子にも優しくできない私は本当に鬼でしたし、子共達も怯えていたでしょう。可哀想な事をしました。

継子への気持ちは、今もやはり大好きとはなりません。しかし憎しみは消えました。継子を成人になるまで養育するのは大人の私の役目であると思うし、それは好きとか嫌いとか関係なく、子どもの面倒は大人がみるものだと思えるようになりました。

私の仕事も同じで、大人が子どもの成長を助けなければなりません。ですから長女が勉強をしなくても、嘘をついても、学校で叱られても、それは長女の問題であり、私かイライラする事ではなく、冷静にアドバイスをすれば良いのだと思いました。

主人に対しても、いつも私は「あなたの前妻の子どもを育ててやってる!日々感謝するのが当たり前でしょ?」との思いでした。しかし、主人の中では「継子も私の子どもでしょ?」と考えていて、私達の溝は深まるばかりでした。

今でも感謝をして欲しいし、「いつもありがとう」と言って欲しいです。しかし、電話で話しをしたように、まずは私が変わってみようと思います。今はまだその途中ですので、いずれ主人に私の変化が伝わるように精進したいと思います。

内観をして、毎日の生活にいかしていく事が、いくつか見えてきました。

1.いつも笑顔でいる
2.謙虚でいる
3.気持ちが不安定になったら一呼吸
4.負けるが勝ち
5.ありがとうを沢山言う
6.今ある幸せに気づきそれを大切にする
7.相手の気持ちを意識する
8.完璧でなくても大丈夫

あとは内観で得た事を思い出して、正しい答えをその都度出していきたいと思います。

忙しい時間の中、2ヶ月間本当にありがとうございました。内観を受けて良かったと今心から思います。私に降りかかる問題は人のせいでなく、私の中の問題であることにお陰で気がつきました。

大きな事は言えません。またすぐに昔の自分に戻ってしまうかもしれないと言う不安があるからです。ですから、これからも内観を毎日意識していきたいと思います。春位にもう一度一日内観をしに行きたいと思ってます。

本当にありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【坂村真民詩集】

「綿毛のように」

タンポポの綿毛のように
柔らかい愛を持って
お互いが生きてゆく
それは何と素晴らしく
美しいことであろうか
そう思い
わたしはかかみこんで
道のべの
タンポポの綿毛を
じっと見つめていた

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【名 言 集】

迷いもさとりも心から現れ、すべてのものは心によって作られる。ちょうど手品師が、いろいろのものを自由に現すようなものである。人の心の変化には限りがなく、そのはたらきにも限りがない。汚れた心からは汚れた世界が現れ、清らかな心からは清らかな世界が現れるから、外界の変化にも限りがない。絵は絵師によって描かれ、外界は心によって作られる。(りょうが経、華厳経)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
*一年中で最高の季節となり、内観にも最適です。新緑を眺めながら内観してみませんか?(にこにこ和尚)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  1. 2014/05/19(月) 10:48:55|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
| ホーム |

蓮華院誕生寺 内観研修所

蓮華院誕生寺 内観研修所

プロフィール

nikonikooshou

Author:nikonikooshou
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (154)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR