「心を救われた」(自殺志望から生きる希望へ)

最初お寺に着いた時、中に入らず帰ろうと、うろうろしていました。そこで女の人に声をかけられ、玄関に入りました。

しかし、内観の説明を受けても、何故携帯を預けないといけないのか、境内の外に出れないのか、何故自分がここに居て、こんな事になるのか解らなかった私は、一見この地獄に見えるような日々を耐え抜けるのかと、気分が落ち込みました。

でも、心のどこかで、その時人生のどん底だった私は、「ここで変われなければ、もう終わりだ。」と、先も見えない、何も知らない、この内観にかけている自分もいたのです。

しかし、心が何重もの鍵で重く見えなくなっていた私は、2日目になっても内観に集中できず、このまま終わってしまったらという焦りと、過去と向き合う怖れと、色んな感情につぶされ、面接も上辺だけしておりました。

でも、それさえも耐え切れなくなり、その不安や恐怖、過去の事、これにかける気持ちと、乗り越えられなかったらどうしようという不安、何故私がこんな目にあわなければいけないのかと、面接者の大山さんにぶつけてしまったのです。

今思えば、これが、私が高校でうつになり、それから初めて誰かにぶつけた本音であり、弱音、八つ当たり、助けを求めた声だったと思います。

そんな私に対して大山さんは、私の過去や本当の心の声を全て悟ったかの様に受け止め、「辛かったね」「泣きたい時は泣いていい」「ここに重荷を全て置いていきましょう」「あなたの居場所はここにありますよ」と言って下さいました。

そんな言葉に、私は初めて心からの涙というものを流した気がします。そこから、心と体が別人のように軽くなり、やっと私の本当の内観が始まったのです。

その時点で内観は、母に対する現在の時期か、父に対する最初の内観が始まっている頃でした。幼い頃の父との思い出はとても愛にあふれ、幸せで胸がいっぱいになりました。

妹と弟の世話で忙しい母との幼い頃の思い出がなかなか出てこなくて、何故と思っていたけど、でも、その分、いや、それ以上の幸せを父がくれていたのです。

父との思い出の多くは、父のバレーの試合で色んな所に行き、そこで沢山の人に出会ったことです。父なりに考えていたんだなと思うと、胸が温かくなりました。

続いて調べた祖母もそうです。祖母には、よく妹と入院して不在がちだった母の代わりに育ててもらったので、私にとっては母同然の存在で、父同様、沢山の思い出が浮かんできました。

母を通しては全く思い出せなかった幼少期は、二人を通すと、とても幸せにあふれていて、母の思い出は少なくても、二人や、二人のお陰で出会った沢山の人に、私は十分愛されていたと気付きました。

でも、どんなに温かい思い出に満たされても、母父祖母、全て高校から現在についてが辛く、逃げ出したくなります。

それは私が不登校となり、うつ病と診断され、それから何度も復帰と逆戻りを繰り返し、今年の秋からここに来るまでが、一番ひどい状況だったからです。

そのせいで、私は家族皆に迷惑心配をかけ、笑顔を奪いました。申し訳ない気持ちで苦しくなり、何度も考えるのをやめました。

そんな私にある夜、大山和尚さんが「自分を許し、人を許し、自分を愛し、人を愛する」とおっしゃりました。何故かこの言葉が心から離れませんでした。

3日目、嘘と盗みについてと、母について2回目の内観をしました。内観をしている時、ふと私は、初めはほんの小さなキッカケでそれに傷つき失望した後、嘘をつき、そんな自分にまた失望し、そうやって本当の自分の声を自分で閉ざしてしまったのではないかと思ったのです。

そして、そんな悪循環が巡りに巡って、体調も心も壊してしまったのではないか。本当の心の叫びを閉ざしてしまったのは、結局自分自身であり、私が私を不幸にしていたのではと。

その時初めて、自分に対しても申し訳ない、ごめんねと思い、自分を許し、人を許すという言葉の大きさを痛感しました。

そして5日目に、妹弟を通して家族のありがたさ、そしてトラウマでしかなかった病気についても、もし、妹弟がいなかったらというのと同じ発想から、この病気になったからこそ出来る事、気付いた事が沢山でてきました。

私はこの経験を通して、このご縁をつなげる為、このように生かされているのではないか、と。

誰かが悩んだ時、立ち止まる事は弱さではなく、それが後には誰よりも大きな一歩になると、誰か苦しんでいる人に伝える為こうさせて頂いたのではないかと悟ったのです。

私は言葉では表しきれない程、家族や沢山の方々に愛されておりました。病気になるまでの思い出は幸せでしかないのです。

でも、この病気にならなければ、気付かなかった親の無償の愛、祖父母、妹弟のありがたさや、過ごせなかった時間があると思うと、トラウマだった出来事もこの病気も、幸せだったと思えたのです。

私は病気でも幸せでした。ただ、その幸せに気付けず、私を苦しめていたのは、病気でも家族でも過去でもなく、自分なのです。私が私を不幸にしていたのです。

私はここへ来る前、「無」でした。表情、声、感情、希望、死のうとする気力もなく、それこそ、心が死んでいたんだと思います。

それでも、こうやってここに来れた。リストカットや、自分で体を傷つけた事も沢山あります。それでも死ななかった。どこかで踏みとどまってくれたのは、この私の体であり心です。

きっと幸せな思い出や、沢山頂いた愛が、私を生かしてくれたんだと思います。その踏みとどまる力をくれた思い出や愛、心を下さったのは、紛れもなく、母父家族、出会った人々であり、仏様です。

私は仏様にも見放されたと思ってましたが、そんな事なかった。今こうして生きて、幸せだと言える。

そして感謝し、この命この縁をつなげる為、こうして生かして下さっているから。

私は、今全てが幸せです。空が青かった。生きてると思った。

ここに来なかったら、私は死んでたと思います。そこで、ここへ導いてくれた全てに感謝し、今まで沢山心配迷惑をかけた家族や人々にできるのは、全てを幸せに受け止め、私が私として笑顔で幸せに生きていくことだと思います。

これからもこの気持ちや感謝を忘れず、温かい心で、今を精一杯生きていきたいです。

私は不幸なんかじゃありませんでした。私は幸せ者です。それを気付かせて頂き、ありがとうございました。

私は苦しんでる人がいたら支えになれる、そんな人になるのが夢であり目標です。その時は、この内観も伝えて、ご縁をつなげていこうと思うし、それが役目だと思います。

心を救ってもらいました。本当にありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

*にこにこ和尚の内観ビデオ
https://www.youtube.com/watch?v=2yJBuHg3fLE&index=15&list=PL42608D5250571D84

*心の温泉でリフレッシュ!人生が楽しくなる内観!!!パリ大学の心理学部長も勉強に来られた、『内観セラピー』で人生をリフレッシュ、悩みも解決します。

また、忙しい人や日常内観習慣づけの為の『Eメール内観』や一日内観
もあります。詳しくは下記を!
http://www.rengein.jp/naikan/

*野球日本代表監督小久保裕紀氏と内観
http://blog.jolls.jp/jasipa/nsd/entry/8562

*あなたも感動の涙があふれます!台湾・香港で中国語版も発売!
『お母さんにしてもらったことは何ですか?』(日本語版)(サンマーク出版、大山真弘著、1500円)

http://www.amazon.co.jp/%E3%81%8A%E6%AF%8D%E3%81%95%E3%82%93%E3%81%AB%E3%81%97%E3%81%A6%E3%82%82%E3%82%89%E3%81%A3%E3%81%9F%E3%81%93%E3%81%A8%E3%81%AF%E4%BD%95%E3%81%A7%E3%81%99%E3%81%8B-%E5%A4%A7%E5%B1%B1%E7%9C%9F%E5%BC%98/dp/476313230X
----------------------------------------------------------
スポンサーサイト
  1. 2015/01/28(水) 11:49:23|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
| ホーム |

「うつ病と料理」

内観を初めて知ったのは、2ヶ月ほど前に知人から借りた内観体験記の本を読んだ時でした。著者は3日目位から深い内観に入っていけたとありました。しかし、私の場合は、3日経ってもなかなか深く入ることができず、その上、面接者の方から尋ねられた質問に対し、視点の大きくズレタ答えしか返せませんでした。

深く入らなければと思えば思うほど、考えなければならない大事なことが出てこず、違う事が頭をよぎったり、真っ白になったりと、焦りがつのるばかり------。

頭のスイッチが切り替わるだろうかと思い、畳んだ布団に向かって、でんぐり返りやその逆回転も試みました。ごくわずかではありましたが、気持ちがすっとした感がありました。

私が腰の痛みをお話した際に、面接者の方が本堂までの散歩をお勧めして下さり、その日に早速お参りさせていただいたのです。

一日目、二日目、三日目と経つ内に、徐々に固くなっていた心がほぐれてきました。もちろん、面接者の方が毎回、親身になって内観にご協力くださったことも大きな力となりました。

それ以外にも、「三度の食事」の力も大きかったです。品数豊富で、盛り付けもとてもきれいになされており、味付けもちょうどよく、毎日美味しく頂きました。「今日のご飯は何かな」と毎日楽しみにしていました。

私も以前、食に関わる仕事をしておりましたので、作る方のご苦労は十分に存じております。これからも皆様が心身ともに元気の出るようなお食事をぜひともお願い致します。私も器や盛り付け等、今後の参考にさせて頂きたいと思います。

内観5日目にして、ようやく私なりに深く入ることが出来るようになりました。その日に本堂へ行った時、ふと
、ある事に気が付きました。

それは、「うつの原因は、両親への感謝の気持ちがなかった」という事でした。気持ちがなかったというのは、「してもらって当然だ」というのではなく、ご飯を食べた後は歯磨きをするといった「当たり前」のことになっていて、気付かなかったという事です。

それも「してもらって当然だ」という部類に入ってしまうのかも知れませんが、とにかく両親に対しては、本当に言い尽くせないほどの愛情を頂いていたのだと気付かされました。

してもらった時に「ありがとう」と伝えてはいましたが、心から深く感謝しているかと問われたら、「はい」とは言いがたいです。

今までの私はそうでしたが、これからは両親を初め、お世話になっている方々、物、事柄全てに対して心から「ありがとう」を伝えていきたいです。

内観を終えたこの時点から、一日も欠かすことなく伝えていけたら最高(再幸)ですね。

そうなるよう、日々、この内観中にお世話になった皆様方のお顔を思い浮かべながら、日常内観を続け、ありがとうの感謝の気持ちを伝え続けていきたいと思います。

最後になりましたが、面接を毎日して下さいました大山先生、女性の面接者の方、調理してくださった方、1階から長い廊下と階段を運んで、食事を配膳下膳して下さいました方々、全ての方に深くお祈り申し上げます。本当にこの1週間大変お世話になりました。このご縁を大切に、これから頑張りたいと思います。ありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
*心の温泉でリフレッシュ!人生が楽しくなる内観!!!
パリ大学の心理学部長も勉強に来られた、『内観セラピー』で人生をリフレッシュ、悩みも解決します。

また、忙しい人や日常内観習慣づけの為の『Eメール内観』や一日内観も
あります。
詳しくは下記を!
http://www.rengein.jp/naikan/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【坂村真民詩集】

「 波 」

生きとし生けるものの
かなしみを知るために
わたしは一日でも長く
生きねばならぬ
いろいろの病気をするのも
そのため
いろいろの苦難に会うのも
そのため
ぼうだいな量の
地球のかなしみに比べたら
わたしのかなしみなど
一片の塵に等しい
ああ
かなしみを重ねよと
寄せてくる波か

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【名 言 集】

病の半分の原因は、愛和、許し、感謝の欠けたところからきている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  1. 2015/01/16(金) 11:02:30|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
| ホーム |

「病気と借金と妻」

正直に申し上げますと、こちらに伺う前までは、これまで私なりに、違う観点から物事を見てきたつもりでしたので、「本当に病気が軽くなるのか」と、あまり期待はしておりませんでした。

しかし、内観をさせて頂くうちに、自然と内観の意味が解ってきたのだ、本当に病気を治したいという気持ちが強くなり、そんな不安は忘れてしまいました。

最初に、母に対する内観を致しました。当初、小学校低学年の自分を調べておりましたが、なかなか思い出すことが出来ず、苦労しました。大きな怪我をして入院したことを思い出し、先ずはそこから調べていく事にしました。

三つの項目に素直に答えるだけでよいのに、当初は頭で色々考えまわして、あれこれ混合して考えてしまい、うまく内観が出来ていなかったと思います。

しかし、大山先生から助言を頂き、素直に三項目(してもらった事、してあげた事、迷惑かけた事)について調べることができました。

すると、母に対して色々と返してきたとばかり思っていましたが、自分の思いとは裏腹に、して頂いた事と迷惑をかけた事ばかりで、返した事など無いに等しい程でした。

中学や高校ではサッカーに打ち込んでいただけですし、大学では彼女とバイトに明け暮れて、母に対して何もお返ししていない事に初めて気付かされ、何かに頭を強く打たれたようなショックを受けました。

これまで毎日働いて下さり、食事を作って下さり、洗濯(一度ユニフォームの泥をバケツで洗い落としてから洗濯)等をして下りながら、育てて下さいました。

それなのに、母に対して何かをして返そうなど、全く考えていませんでした。本当に身勝手な自分を反省するとともに、母に大変申し訳なく思います。これからは、母には肩もみや、大掃除などの手伝いをしに、時間を見つけて実家に帰りたいと思います。

また、これまで、自由な時間がありませんでしたので、ドライブなどにも連れて行かせてもらおうかとも思います。

次に父について内観を致しました。母の時同様、小学生時代はなかなか思い出せずに、中学と高校もサッカーの事しか思い出せませんでした。

しかし、大学卒業までにかかった経費を計算しました所、二千万円以上という金額がかかっている事が解り、唖然としました。

次の瞬間、父が働いている姿が頭をよぎりました。(父は二つの仕事をかけもちでやっている時期がありました。)それと同時に目から涙があふれ出てきました。

母と同様に精一杯育てて頂きながら、何も返そうとせず、自分の事しか考えていなかった事を反省するとともに、父からの愛情に申し訳なく思い、あふれ出た涙だと思います。

これから父には、今私が抱えている負債の問題をなるべく早く解決するとともに、その経過を報告させて頂き、安心をして頂く事が、父に対するお返しの一つであると思っております。その問題が解決した後には、父母を誘って旅行にでも出かけたいと思います。

次に妻について内観を致しました。妻に対しては二回させて頂きました。妻に対する自分を二回調べましたが、私のこだわりと、家計に関わろうとしなかった身勝手さで、妻には一人で家計のやりくりを背負わせ、その結果負債ができ、その事すら妻の責任と考えていた自分がいた事に気付かされました。

相談したくても相談ができない雰囲気をだしていたであろうし、家計には全く関わろうともしない、もっと言えば、子供の養育費にいくらかかっていたのか、光熱費にいくらかかっていたのかなどについても全く知らなかった、知ろうとしていなかった自分がいた事に気付かされました。

妻が昼のパートに出た後、子供達の幼稚園の送迎、食事の準備、そして、夜の仕事にいたるまで、本当に苦労をかけた事と思います。

私が家で子守や洗濯をやっていたとしても、妻のそれに比べれば、当たり前の事です。本当に申し訳なく思います。

昨年の私が抑うつ状態になる前には、私の体調が悪いと感じて頂き、妻からは珍しく、「会社やすんでいいよ」と言ってくれました。その時のいやされた気持ちは今でも忘れません。

私がなかなか病院に行かないので、引っ張ってでも連れて行ってくれました。会社にも一人で乗り込んで、直属の上司と更にその上の上司に私の状態と今後の事を話して頂き、療養を取れることになりました。

その後回復には向かっておりますが、家で少しおかしい時には「何かあったと?」と聞いて心配してくれますし、家中が暗い気持ちにならない様に、明るく振舞ってくれています。


本当は妻が病気になってもおかしくないくらい尽くして頂いています。妻には本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです。


これから妻には、私も家計に関わり、妻一人に負わせるのではなく、共に悩み、そして、共に改善策を考え、先ずは負債を返したいと思います。

私は今幸せな事にも気が付きました。子供は二人、家も持ってますし、サッカーの指導にもあたっています。これは昔、私のしたかったものです。

妻と結婚していなければ、今の私はなかったでしょう。これだけの幸福は無償では手に入る訳ありません。ですので、負債ではなく、幸福の代償として、これから妻にお返ししていこうと思います。

長いようで短かった一週間、蓮華院の皆様、本当にお世話になりました。そして、本当にありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

*心の温泉でリフレッシュ!人生が楽しくなる内観!!!
パリ大学の心理学部長も勉強に来られた、『内観セラピー』で人生をリフレッシュ、悩みも解決します。

また、忙しい人や日常内観習慣づけの為の『Eメール内観』や一日内観も
あります。詳しくは下記を!
http://www.rengein.jp/naikan/

*『ロナルドの楽しい内観ビデオ』*
  http://www.youtube.com/watch?v=rcSSvrsqGJg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【坂村真民詩集】

「 苦 」

苦がその人を
鍛えあげる
磨きあげる
本ものにする

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【名 言 集】

この世の王は、殺さず、盗まず、よこしまな愛欲を犯さず、偽り、悪口、二枚舌、無駄口を言わず、むさぼらず、憎まず、あの世の事まで考えて判断する。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

*野球日本代表監督小久保裕紀氏と内観
http://blog.jolls.jp/jasipa/nsd/entry/8562

*あなたも感動の涙があふれます!台湾・香港で中国語版も発売!
『お母さんにしてもらったことは何ですか?』(日本語版)
       (サンマーク出版、大山真弘著、1500円)

http://www.amazon.co.jp/%E3%81%8A%E6%AF%8D%E3%81%95%E3%82%93%E3%81%AB%E3%81%97%E3%81%A6%E3%82%82%E3%82%89%E3%81%A3%E3%81%9F%E3%81%93%E3%81%A8%E3%81%AF%E4%BD%95%E3%81%A7%E3%81%99%E3%81%8B-%E5%A4%A7%E5%B1%B1%E7%9C%9F%E5%BC%98/dp/476313230X
----------------------------------------------------------
  1. 2015/01/07(水) 15:51:29|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
| ホーム |

蓮華院誕生寺 内観研修所

蓮華院誕生寺 内観研修所

プロフィール

nikonikooshou

Author:nikonikooshou
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (151)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR