FC2ブログ

ヨーロッパ人の内観(1) 「トラウマの劇的な解消、奇跡が起こったよう」

私は心理療法士ですが、より深く自分を知るためと慢性的な不満を癒すために、この内観研修に参加しました。主に母と父と夫との関係について内観しました。

母に関しては、物心ついてから常にとても難しい関係でした。私は母に愛されていると感じた事は一度もありませんでした。私は彼女に使われているように感じていました。母のさせたいことの対象として扱われたり、無視されたりしました。

私が少しでも母のルールや指示に反抗する様子を示すと、母は私をコントロールし、罰しようとした、そういう思いしかありません。それらは、私が悪いという強い感情を私に残しました。それどころか、私はいい子のふりをして生き、母に決して大きなトラブルを与えないようにしてきました。これが、私の苦く、腹の立つ、虐待されたという大まかな思い出です。

第一回目の母に対する内観では、大きな変化はありませんでした。私は、このひどい人生で囚人のように強いられて生きてきたことを実感しました。ですから、望まない状況に押し込めた母に対して感謝する理由は何もありません。

母に対する2回目の内観の時、母が私の健康について非常に心配していたことに気付きました。私は幼い頃は非常にスリムで、私の病気を治すためによくお医者さんのところへ連れて行ってくれました。

母に対する3回目の内観で私は人生最大の大発見をしました。そして、私の心の中は全てが大きく変わりました。それはまるですべてのコンピューターソフトを入れ替えて、コンピューターを再び起動し始めるようなものでした。

それは4才の時の出来事でした。私は猩紅熱(しょうこうねつ)という非常に重い病気にかかり、緊急入院せねばなりませんでした。母に会えず1週間以上一人ぼっちで、1ヶ月くらい入院していました。この出来事は私に大きなトラウマとなって残りました。そして大きく私の人生を変えました。

この出来事の前は、私はとても明るく快活で幸福でおしゃべり好きな子供でした。しかし、この後、私は引っ込み思案で恥ずかしがり屋で悲観的で、自分も人も信じない、むっつりとして、自尊心の低い子供になりました。怒りと怨みをため込み、心の中で彼女を責めていました。

今日まで、私は意識的にも無意識的にも、母を責め続けていた人生でした。もし、母が私を本当に愛してくれていたら、あのようなひどい病気の状態で、私を独りぼっちで放って置くようなことはしないはずだと思い続けてきました。

しかし、私は今、私の健康にたいしての母の強い心配と大きな苦しみを初めて深く認識できました。

最も重要な事は、猩紅熱の時、母には入院以外の他の選択肢はなかったという事です。医療法律上も彼女がコントロールできる他の可能性は全くなかったのです。強制入院に関して母は無力でした。

そして、内観5日目の朝、私は突然そのことに気付いたのです。「それは母のせいではなかったんだ!」と。

そして、このことは、大きな重荷から私を解き放ってくれました。ある種の感情的な囚われ、愛されていないという囚われから解放されました。そして、否定的な間違った思い込みはドミノゲームのように壊れて無くなりました。

私は真実を観ることができました。「母は本当に私を愛してくれていた!」この事は私の全ての考えをリフレッシュし、特に魂を清めてくれました。まさに悪夢から脱出するようなものでした。(続く)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

*私はほんとうに愛されていた!
自分自身に3つの質問をする心理療法「内観」で、
心が温まり、明日への力がみなぎる!

前日本野球代表監督小久保裕紀氏も3回体験!
3つの質問で未来が変わる、心理療法「内観」!
悩み解決、心すっきり、楽しい人生!


(「内観」のメリット)
悩みや問題を解決でき、明るく楽しく生きられる
自己啓発とリフレッシュ。心のデトックスとダイエット
人間関係改善、色々な問題や悩み解消
家庭問題(夫婦、嫁姑、浮気不倫等)解決
子供の問題(不登校、非行、引きこもり等)解決
心理的病気の改善(うつ病、適応障害、摂食障害、
インターネット・ギャンブル・アルコール依存症、等)
スポーツ選手や芸術家の精神力と実力向上
会社の業績アップ(経営者、幹部、社員研修)
人間関係改善、色々な問題や悩み解決

(「内観」の種類)

1週間で深い効果を得るための「集中宿泊内観」
(毎月1回)、

多忙な人の為の1ヶ月間自宅で行う
「Eメール内観」(随時)、

試しや再体験の為の「一日内観」(随時)を選べます。

お忙しい方は、
短期内観(4日間)+Eメール内観20日間、
または、一日内観+Eメール内観1ヶ月も選択でき、
集中内観と同じ位の効果が得られます。

集中内観
6月21日(木)15時~27日(水)15時

蓮華院誕生寺内観研修所ホームページ
http://www.rengein.jp/naikan/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【坂村真民詩集】

「必然」
夜は必ず明け光は必ず射してくる
念ずれば必ず花は咲き道は必ず開いてくる
この必然の祈りに生きよう

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

*TEDx動画『3つの質問で幸せになる」(日本語)
“The Way to Happiness by Three Questions”
(Superimposition:English, Dutch, Russian)
(4月末で3,900名視聴)  
https://www.youtube.com/watch?v=4PN9A5daBM0


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【名 言 集】
「迷いもさとりも心から現れ、すべてのものは心によって作られる。ちょうど手品師が、いろいろなものを自由に現すようなものである。」(楞伽経)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
*日本内観研修所協会ホームページ
(内観テープを一部聞くことが出来ます)
http://naikanken.com/

*自己発見の会ホームページ
https://www.n-classic.net/


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


IMG_0421[1]
スポンサーサイト
  1. 2018/05/10(木) 15:11:42|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
| ホーム |

「森田療法」

「森田療法」

2017年11月11(土)・12日(日)に熊本大学工学部で第35回日本森田療法学会が「森田療法と五高(熊本大)」というテーマで開催されました。今回はその中で印象に残った事をご報告致します。

(1) 森田療法とは森田正馬博士(1874~1938)自身の神経症治療と仏教の影響から生まれた日本発の神経症に対する心理療法です。(内観療法も日本生まれの心理療法です。)森田博士は死の恐怖を解決する為に森田療法を創始した。

(2)森田正馬(高知出身)と寺田寅彦と夏目漱石教授は同時期に五高におり、学生の森田正馬と寺田寅彦は親交があった。しかし、森田と夏目教授の直接の接触は確認できていない。東京でも森田と夏目の住居は近かったが、本人同士の接触はなかったようである。

(3)森田博士が着目したのは、多様な神経症症状の背後には、内向的、自己内省的、心配性、小心、敏感、完全主義的性格等の神経質性格が比較的共通して認められることでした。

(4)この神経質性格を基盤にして、「とらわれ」という特有の心理的メカニズムが働き発症すると考えたのです。その心理的メカニズムには、精神交互作用と思想の矛盾が含まれます。精神交互作用とは、注意と感覚が悪循環に作用して、ますます恐れや違和感が強く感じられることです。また、思想の矛盾とは、不可能を可能にしようとする心の葛藤のことです。

(5)森田療法では、症状へのとらわれから脱して、「あるがまま」の心の姿勢を獲得できるように援助します。「あるがまま」とは、第一に不安や症状を排除しようとするはからいをやめ、そのままにしておく態度を養うことです。第二には、不安の裏にある生の欲望(向上発展の希求)を建設的な行動に発揮していくようにすることです。

(6)森田療法とは、不安を抱えながらも「あるがまま」という心を育てることによって、生活の中で必要なこと(なすべきこと)から行動し、建設的に生きることを教え、実践させる治療方法で、神経症(不安障害)をのりこえていくことが主眼です。

(7)「とらわれ」が病気の原因。症状を取り除くのではなく、「受け入れる。」例えば、うつ気分を受け入れる。

(8)「そのぜん」(そのまま前進)
「いろいろと悩みや問題があるけれど、それはそのままにして、とりあえず、自分が今日出来る事を行い前進する。」これを続けていると、いつのまにか、悩みや問題にこだわらなくなり、病気が治ってしまう。

(9)とらわれず、あるがままを重視する。あれこれ邪推しないで、あるがままに受け入れる。

(10)悩みを抱きつつ歩くのが人生である。山あり谷あり、波に合わせて生きる。「あわてず、あせらず、あきらめず」生きる。

(11)自然、動物、植物、鳥、昆虫などからの気付きや発見で、癒されたり、生きるエネルギーを得る事も多い。

(12)傾聴、共感、適切なアドバイスが重視される。総じて、患者と治療法のマッチングがとても大事である。

(13)現在65才以上の15パーセントが認知症ですが、老いるのは自然なことです。どこかで自分の認知症を受け入れて、共に生活していくことが必要な人もいる。

(14)森田療法第1期での「考えない」事やマインドフルネス瞑想法でも「考えないで気付く」事などの流行は、欧米のデカルト以来の「考える」事が行き詰っている事への反省で、東洋の智慧が脚光を浴びているとも考えられる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

*パリ大学の心理学部長も推薦する『内観セラピー』!
前日本野球代表監督小久保裕紀氏も3回体験!
3つの質問で未来が変わる、心理療法「内観」!
悩み解決、心すっきり、楽しい人生!

(「内観」のメリット)
悩みや問題を解決でき、明るく楽しく生きられる
自己啓発とリフレッシュ。心のデトックスとダイエット
人間関係改善、色々な問題や悩み解消

家庭問題(夫婦、嫁姑、浮気不倫等)解決
子供の問題(不登校、非行、引きこもり等)解決

心理的病気の改善(うつ病、適応障害、摂食障害、
インターネット・ギャンブル・アルコール依存症、等)

スポーツ選手や芸術家の精神力と実力向上
会社の業績アップ(経営者、幹部、社員研修)

(「内観」の種類)

1週間で深い効果を得るための「集中宿泊内観」(毎月1回)、

多忙な人の為の1ヶ月間自宅で行う「Eメール内観」(随時)、

試しや再体験の為の「一日内観」(随時)を選べます。

お忙しい方は、短期内観(4日間)+Eメール内観20日間、
または、一日内観+Eメール内観1ヶ月も選択でき、
集中内観と同じ位の効果が得られます。

集中内観
6月21日(木)15時~27日(水)15時

蓮華院誕生寺内観研修所ホームページ
http://www.rengein.jp/naikan/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【坂村真民詩集】

「好日」
風のようにたださらさらと
花のようにただきらきらと
日日是好日
これがわたしの生き方在り方

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

*TEDx動画『3つの質問で幸せになる」
“The Way to Happiness by Three Questions”
(日本語、英文字幕English Superimposition)(3,900名視聴)  
https://www.youtube.com/watch?v=4PN9A5daBM0
(To set up the English subtitles from the lower right of YouTube picture.)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【名 言 集】

「人の心の迷いや汚れは、欲とその変化する外界の縁に触れて起こるものである。良し悪しと見、好む好まぬと考え、有り無しと思い、その考えに使われ、その見方に縛られて、外のものを追って苦しんでいる。」(首りょう厳経)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

*日本内観研修所協会ホームページ
(内観テープを一部聞くことが出来ます)
http://naikanken.com/

*自己発見の会ホームページ
https://www.n-classic.net/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

*森田療法と内観療法は似ているところが多い心理療法です。内観すると、以前より、幸福を感じ取る力が強くなり、楽に生きられるようになる方が多いです。
悩みや問題を抱えている方は一人で悩まずにnaikan@rengein.jpへメール下さい。(にこにこ和尚)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・</span>

IMG_0479[1]

  1. 2018/05/01(火) 16:27:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
| ホーム |

蓮華院誕生寺 内観研修所

蓮華院誕生寺 内観研修所

プロフィール

nikonikooshou

Author:nikonikooshou
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (183)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR