「これが生きた証」

「これが生きた証」

内観しにこちらへ参りました時が、かなり昔のことのように思われます。

ちょうど一週間前こちらに参りました時は、何か心の中にもやがかかっているような、そんな浮かない心持ちでした。

思い返せば、小学二年になる時に両親が離婚し、一緒に住んできた母には心を開けず、「私は愛されていない」と思い込んでおりました。

別離した父に対しては、自分をちゃんと育ててくれなかったことに対して、憤りと憎しみを感じておりました。

両親に対するそのような負の感情がある為なのか、私自身の人間関係も不安定で、恋人に対して過度に依存してしまったり、同じ活動をする仲間を信じきることが出来なかったりしておりました。

そんな折、活動している団体の先輩から、内観に行くと良いのではと提案して頂き、同時に、自分の心を整える時期であると思われるような予兆たる出来事も多く起こった為、このたび初めて集中内観をしに参りました。

集中内観を始めて二、三日の間は、なかなか集中することが出来ず、外の景色が気になったり、睡魔に襲われたりしておりました。

集中して内観を始めても、どうしても真実ではなく、相手に対する評価や判断が入ってしまい、ありのままに事実を見つめることが出来ませんでした。

ただ、内観を始める時には、生活リズムがひどく乱れている上に、筋肉に張りがある状態でしたのが、ここでの規則正しい生活により、回復していくのが感じられました。

集中内観も四日目に入った頃から、段々と深く入っていくのを感じました。

ちょうど二回目に母と父から見た自分を調べておりまして、事実を丁寧に洗い出してみると、こんなにもお世話になった事が多いのか、いかに私が成長して、立派になることを願っていたのかが、よく解りました。

それに比して、私が両親にして返してきた事がほとんどないと、心苦しく申し訳なく思いました。

ちょうど、仏教における「三毒」のお話もお聞きした後でしたので、いかに私は親不孝に過ごしてきたのかを、まじまじと見つめることになりました。

さらに内観を進めていくと、祖母や祖父、おばや友人、共に活動している仲間が、いかに僕の健康と成長と幸せを願ってきてくれたかに気付かされました。

時期や形、頻度や程度は異なれど、自分がこんなにも色々な方にお世話になって生きているのかと思うと、何とも言えぬ気持ちになりました。

どの方にも私が「してあげたこと」は少なく、申し訳なく思うとともに、それでは如何にしてお世話になる方々にお返ししていこうかと、集中内観の終わり頃には考えておりました。

一番先にして返したいと思うのは母であった為、母が喜びそうな事を考えていた所、母が以前、私が大学に入学した際の記念写真を見て、「これが私の生きた証だから」と、つぶやいていたことを思い出しました。

そこで、私が大学を卒業した折には、大学での四年間の活動をまとめたアルバムを作り、母に手渡そうと思います。

想像すると気恥ずかしい気持ちがするのですが、大学での活動を全く母に伝えていない事からしても、ちゃんと届けたいと思います。

他の方へは、どのようにして返していけるか、まだ見えないものが多いのですが、一つ一つ丁寧に誠実に向き合い、折に触れて感謝を伝えたいと思います。

最後になりますが、この度お世話になりました蓮華院の皆様には、深く感謝しております。お陰様で、集中した味わい深い時間を過ごすことが出来ました。ありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

*心の温泉でリフレッシュ! 人生が楽しくなる内観!!!
パリ大学の心理学部長も来られた『内観セラピー』で人生をリフレッシュ、悩み解決!
集中内観、Eメール内観、一日内観があります。詳しくは下記を!

http://www.rengein.jp/naikan/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【坂村真民詩集】

「母の歌」

花よりきれいな
母の愛
咲いてしぼまぬ
母の愛

鳥のこえより
やさしくて
いつもかわらぬ
母の歌

星のごとくに
かがやいて
ゆくてを照らす
母の顔

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【名 言 集】

正しい生活とは、人として恥ずべき生き方を避けること。(分別聖諦経)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
スポンサーサイト
  1. 2015/05/22(金) 11:51:48|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「理想像とのずれに悩む」 | ホーム | 「社会人になる前に」>>

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://rengein.blog.fc2.com/tb.php/100-5db1a76e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

蓮華院誕生寺 内観研修所

蓮華院誕生寺 内観研修所

プロフィール

nikonikooshou

Author:nikonikooshou
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (161)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR