FC2ブログ

アルピニスト野口健氏の講演

 昨日福岡市でのチベット関係の講演会で、登山家の野口健氏が招かれて講演されました。その中で印象に残ったことをお伝え致します。

 色々な反対がある中で活動を続けるには、本人がを感じる事が重要だし、必要だと言っておられました。「見る」ということは「知る」という事、またそれは、「背負う」ことであるとも述べられました。

 エベレスト登山に2回成功しておられますが、途中から一緒に登った人が、2回とも下山途中に事故で遭難されているそうです。華やかなエベレスト登山の陰で、千人のうち、300人が死亡しており、そのうち7割は下山中に遭難しているそうです。
nogutiken.jpg

 尖閣諸島とは非常にユニークな視点から関わって活動されておられます。 「尖閣もぐらを守る会」というのを作って環境調査しようと考えておられます。普通のもぐらは歯が42本ですが、尖閣もぐらだけは歯が38本ということで、絶滅危惧種だそうです。

 野口氏は、人や団体や特定の国を非難せずに、ご自分の体験をたんたんと話されます。、それが人の胸を打つのです。 1時間10分があっという間に過ぎました。

 氏は、十分考えて、いったん決めると、粘り強く実行し続けるタイプのようです。死地を何回も経験されているので、にこやかな笑顔とは違って、深くて強い精神力をお持ちのように見受けられました。私も野口さんのファンになりました。

 家に帰ってテレビをつけると、さっき野口氏が話されていた気仙沼の牡蠣養殖家の畠中氏が映り、国連から「森の英雄」として表彰されたというニュースが流れていました。その同期性(シンクロナイズ)にびっくりした次第です。「森は海の恋人」をキャッチフレーズに長年植林活動されたことが、世界的に認められたという嬉しい出来事でした。



スポンサーサイト



  1. 2012/02/11(土) 15:39:08|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「人工呼吸器で生きる!」 | ホーム | 幸福ニュース第541号>>

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://rengein.blog.fc2.com/tb.php/16-0ceeeb8c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

蓮華院誕生寺 内観研修所

蓮華院誕生寺 内観研修所

プロフィール

nikonikooshou

Author:nikonikooshou
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (204)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR