FC2ブログ

「リフレーミング」

心理学用語に、「リフレーミング」という言葉があります。これは、「視点を変えて考えてみる。考える枠組みを変える。」ということです。同じ事について思考するのでも、こうすることによって、今までとは違う側面を発見したり、気付いたりします。

内観では、客観的に自分自身を観つめてみようとします。そこで重要なのは、相手の立場に立って、相手になりきって、相手の目線で自分自身を見つめてみるということです。あるいは、鳥の目(バード・アイ)のように、高所から、相手と自分とを客観的に観てみるのです。

すると、相手の立場から自分を観るというリフレーミングによって、過去の景色が違って見えてきます。ある出来事も、自分からはこう見えていたけれど、相手から見ると、今まで思っていたのとは違う景色が見えたり、思いがけない発見や、自分の誤解に気付いたりするのです。

これは、ちょっとしたカルチャーショックと似ています。国内にいた時とは違って、外国から見ると、客観的に日本の長所も短所もよく分るのと同じです。外国に行って、初めて日本の良さを再認識した方も多いでしょう。

内観では、三つの質問を繰り返します。(1)してもらった事、(2)お返しした事、(3)迷惑や心配かけた事の三つです。これを対象人物や時期を変えながら、繰り返していく事によって、自動的に他者からの視点で、自分自身を観る様になっていくのです。その結果として、今までの自分の思い込みや、誤解や、間違いに自分自身で気付いていきます。

ところで、生れた時から我々は、教育や躾、文化、習慣によって、自然とある色に染められています。日本に生れ育った者は日本の色に、アメリカに生まれ育った人はアメリカの色に、中国に生まれ育った者は中国の色にです。ですから、アメリカやブラジルの日系3世以降の世代は、日本人と同じ様な顔をしていても、中身は日本人と全く違う色に染められているのです。

また、内観は人間の本質的な部分にせまるところがあります。つまり、人間の本来持っているものに自動的に気付かせ、取り戻させる働きがあるのです。

ですから、内観は、今までに染み付いた色々な汚れや垢を落とし、人間が本来持っている純粋な心、例えば、愛情とか、親切心とか、感謝とか、慈悲心とか、そういうものに目覚めさせてくれるのです。

内観により、人間本来の心を取り戻すことによって、幸福を感じ取る力が強くなります。その結果、人生を今までより楽に、楽しく生きられるようになられる方が多いのです。
スポンサーサイト



  1. 2012/11/14(水) 15:37:49|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<『お母さんにしてもらったことは何ですか?』 | ホーム | 『家族への恨み解消』>>

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://rengein.blog.fc2.com/tb.php/33-b8f04126
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

蓮華院誕生寺 内観研修所

蓮華院誕生寺 内観研修所

プロフィール

nikonikooshou

Author:nikonikooshou
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (204)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR