『私は愛されていた』

*5月の内観研修は21日~27日はまだ申し込めます。
詳しくは下記をクリック下さい。

http://www.rengein.jp/naikan/
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『私は愛されていた』

父親の一言から始まった。「元ソフトバンクの小久保選手が『内観』で救われたと言ってたぞ。私とママとお前の3人で行かんか?」またかと思った。父はいつも思ったことを口に出すが、結局行動しない。

とりあえず、やってる日時だけでもと調べたら、4月5月は父の用事があって行けない。じゃあ次の7月?みたいな感じで、いつものようにあいまいに終わろうとしていた。

だが、今回はちょっと違った。母が動いた。私に「私とあんた2人で行かない?無理なら私一人でも行く。」一瞬耳を疑った。母は毎日家にいるのが当たり前で、家族旅行には行っても、家族を残して家を空けるような人ではないと思っていたからだ。

「何で行く気満々なの?」と聞いたら、「あんたの病気のこともあるけど、お父さんとも最近けんかばかりする。あと子供が結婚してないこともあるしね。」と言った。家族の為に自ら変わろうとする母の気持ちに応えたくなり、じゃあ一番近い2週間後に2人で行こうということになった。

行く前日になり、母が慌しく、なるべく父が困らないように買出しに行ったりしていた。私は何の用意もしないばかりか、内観について何一つ調べずに、「うつ病が少しでも楽になればいいな」くらいに考えていた。

そして蓮華院誕生寺に来ました。ほかに内観する方がいたので挨拶したら、「会社の研修で来ました。」と言った。そんなんでも来るのかと思ってたら、ミーティングが始まった。

おいてある資料を読んで、ぎょっとした。「他の内観者と話さないで下さい。」と大きな文字で書いてある。さらに毎日のスケジュールに内観以外の言葉がない。食事中もテープを聞きながらと書いてある。とんでもない所へ来たぞという思いが頭をよぎった。しかし、そんなことを考える暇もなく、内観が始まった。

部屋は広いし、暖房もついている。おまけにトイレはウオッシュレットで、なかなか気が利いていると思いながら、まず与えられた「母から観た小学校1年から3年までの自分」の課題を始めた。

なかなか思い出せなかったが、ある程度アルバムだけは見てきたので、それを頼りに「入学式は一緒に行って喜んでくれた」と、最初の「してくれたこと」を面接で答えた。「してあげたこと」は分からない。迷惑かけたことは、「おねしょをよくした。」

次は、小学4年から6年。ご飯を作ってくれた。お返しは、よく勉強したこと。迷惑はかけていない。

中学校の時は、塾に行かせてくれて家庭教師までつけてくれた。親の願う高校に受かって喜ばせた。お金をいっぱい使わせた。よく洗濯もしてくれた。野球部でベスト4まで行って喜ばせた。迷惑は勉強しなかった。

どのあたりから2日目に入ったかは忘れた。けれども、2日目にテープを聞いて、「返した事」が「勉強」というのは如何なものかと思い始めた。親のためではなく、自分のためではないかと気付いて、勉強を返したことにするのはおかしいと思った。

予備校や大学にお金を払ってくれた。何も返していない。迷惑をかけたのは、うーんと考えていたら、「やはり私は母を恨んでいる。中学一年の時パニック障害になったのに何もしてくれなかった。更に会社に入って、うつ病になったのも親のせいだ」と思っていることに気づいた。

ちょうどその頃、気分転換に本堂に行った。その帰りに、大山真弘先生がサンマーク出版から出した本のタイトル『お母さんにしてもらったことは何ですか?』の下の帯に大きく『私は本当に愛されていた』と書いてあった。

それを見て、本の中身を開いた訳でもないのに、今までの内観での母が「してくれたこと」を思い出し、「愛されている」という確信が喜びに変わって、涙が止まらなくなった。

そこから本当の内観が始まったような気がする。調べを進めていくと、私がパニック障害になった頃母は、「思ってることや悩み事は全部言いなさい」と言ってくれていたのだ。

さらに、うつ病は私が酒を飲みすぎて肝臓を悪くして、そのうえストレスが重なってなったのにもかかわらず、自分勝手な思考で、「母の育て方が悪いから、うつ病になった」ととんでもない勘違いをしていたのだ。母は常に心底私を見守ってくれたし、幸せを願っていた。もちろん、今も。

その母に対する自分を2回、3回と調べていく過程で、感謝と尊敬の気持ちが生まれて、父や友人に対する自分を調べた時も、母と同じ様な愛を持って接してくれていたんだなあ。私は一人で生きていると思っていたけど、周りの人達なしでは生きれない。何事に対しても感謝の気持ちを忘れたらいけないと、多少なりとも解った気がする。

今後は自分に合った仕事を探して就職をする。今まで家では殆ど一日近くよく寝ていたが、この内観の1週間、朝きちんと起きて、昼も起きて、夜しっかり眠れたことで、自信がついた。少し位うつ病の症状があっても、今までうつに逃げていただけであって、たいした病ではないことが分かった。今後お医者さんと相談して、薬を少しずつ減らしながら、無理のない仕事をしていこうと考えている。

最後にすべてを受け入れてくださった大山先生はじめ、副住職、おいしいご飯を作ってくださった方々、一緒に内観した人々らに感謝致します。ありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

*1万部突破! 第3刷を全国の書店で発売中!5月12日お母
さんの日の前に読むと、思い出深い母の日になるでしょう。


『お母さんにしてもらったことは何ですか?』サンマーク出版
   蓮華院誕生寺内観研修所所長 大山真弘著、1,575円

<三つの質問で、涙し、癒され、元気付けられる内容です。>

"amazon"や"セブンネットショッピング"での注文が確実です。
http://www.amazon.co.jp/%E3%81%8A%E6%AF%8D%E3%81%95%E3%82%93%E3%81%AB%E3%81%97%E3%81%A6%E3%82%82%E3%82%89%E3%81%A3%E3%81%9F%E3%81%93%E3%81%A8%E3%81%AF%E4%BD%95%E3%81%A7%E3%81%99%E3%81%8B-%E5%A4%A7%E5%B1%B1%E7%9C%9F%E5%BC%98/dp/476313230X

<amazon大山真弘 or 7ネット大山真弘 でも検索出来ます>

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【坂村真民詩集】

『 あるひとに 』

生まれてこなければよかったと
思われることもありましょうが
どうか思いなおして
人間として生まれたことを感謝し
なんでもいいから
自分にできることをして
生きてください
十七文字の俳句を作ることもいいです
いっしょうけんめい考えたら
神からの授かりものが
何かあるはずです
信仰と希望と愛
そんなことを
じっと考えてください
光が射してきます
力が生まれてきます
暗かった心のカーテンを
明るいカーテンにして
あなたの心に
灯りをともしてください

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【名 言 集】

我は迷いに導くものであり、仏性は悟りに至らせるものである。家に黄金の箱を持ちながら、それを知らないために、貧しい生活をする女をあわれんで、その黄金の箱を掘り出して与えるように、仏は人々の仏性を開いて、彼らに見せる。(大般涅槃経)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
*心の温泉でリフレッシュ!人生が楽しくなる内観!!!
パリ大学の心理学部長も勉強に来られた、『内観セラピー』で
人生をリフレッシュ、悩みも解決します。


また、忙しい人や日常内観習慣づけの為の『Eメール内観』
一日内観もあります。詳しくは下記を!
http://www.rengein.jp/naikan/

*教育界の重鎮、国分康孝先生談話室第17回
https://www.youtube.com/watch?v=NQxLZku8tjU
スポンサーサイト
  1. 2013/05/09(木) 14:32:17|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<『心の蓋を開けると何を観る』 | ホーム | 「怠け者の成功法則」>>

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://rengein.blog.fc2.com/tb.php/46-fdf2a99b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

蓮華院誕生寺 内観研修所

蓮華院誕生寺 内観研修所

プロフィール

nikonikooshou

Author:nikonikooshou
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (161)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR